医療脱毛三大機器、「YAGレーザー」について

日本の医療機関で利用されている最も多い脱毛機器である三大脱毛機器、そのうちの「YAGレーザー」についてのメリット、デメリットをご紹介します。
医療脱毛三大機器、「YAGレーザー」について
「YAGレーザー」とは、長期の光の波長を照射していくので、幹細胞にピントを合わせてレーザー照射が行われるという特徴を持ちます。
メリットとして、脱毛機器による火傷の損傷を防ぐこと、メラニン色素への影響が抑えられることがあります。
日焼けによる色素沈着で肌の色が黒くなった時に利用する機器としておすすめすることができます。
波長が長いという性質は、肌の深部にまで照射されるという効果を期待することができます。

「YAGレーザーのデメリット」
YAGレーザーは、ダイオードレーザー、アレキサンドレーザーと比較した場合には、使用数が少数の機器になります。
それはYAGレーザーは、比較的浅黒い肌の時には効果が期待できる機器ですが、完全に日焼けした状態では火傷の危険性も言われているからでもあります。
また、該当機器の照射口が他の機器よりも狭いという特徴を持ちます。
例えばピンポイントの脱毛には適応することが可能ですが、広範囲には他の機器には劣る様です。
色素が強い場合にはピンポイント脱毛を希望するならば、針脱毛での方法を推奨するという医師も多く存在するようです。

以上、「YAGレーザー」についての特徴と一般的なメリットとデメリットをご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です